確認の手続き時間など大幅削減!労務管理システム導入で時間短縮へ

サイトマップ

キャリアウーマン

入社から退職までの社員情報を一括管理できる人事労務管理システム!

時計

会社において社員情報の情報管理は重要ではあるものの、勤続年数が長く、人事異動が複数回発令されている社員の情報管理が不完全ということがあります。入社時に人事や労務管理者が社員情報を管理しているものの、その後は配属先や異動先での管理になります。結果、社員情報の管理に手間や時間がかかるだけでなく、紙やデータの損失により失われるリスクも生じます。そんな問題を人事労務管理システムを導入して解決しましょう。
人事労務管理システムなら社員情報を一括管理することができ、配属先や異動先の部門で入力する際にも同じフォーマットを利用できます。フォーマットを統一化することで、煩雑な転記入力作業が無くなるだけでなく、教育履歴を部門任せにすることがなくなり、大切な情報が失われるといったことがありません。また、配属先や異動先でも社員情報の引継ぎが容易になり、部門間での教育履歴の受け渡しも解消することができます。
さらに、数年が経過し同じ部門に異動となった際には過去の履歴を参照することができ、不要なOJT養育を省くことができるなど業務効率化も促進することができます。そのほかにも、社内で社員情報を共有化することで人事異動を計画する際、部門間のマッチングを行うことが可能になり、人的資源の有効的に再配分することが可能になります。

TOP