確認の手続き時間など大幅削減!労務管理システム導入で時間短縮へ

サイトマップ

キャリアウーマン

人事労務管理システムを利用すれば休暇申請も社外から行える!

スマホをいじる

人事労務管理システムを導入することで、人事部門なら採用エントリー者の情報管理から社内の人事異動の検討、労務管理部門なら勤怠管理から給与計算などの各種計算業務の効率化が図られます。これまで担当者のスキルに付随していた業務がシステム化されることで、社員のスキルも平準化できるといったメリットもあります。しかし、労務管理においては、担当者だけでなく管理される社員側にもメリットはが生じます。
これまで休暇申請を上長に申告・申請している、急な休暇申請は電話で連絡しているといった非効率的なことを行っていませんか?しかし、人事労務管理システムなら社外からスマートフォンを利用して休暇申請を行うことができ、社員の精神的な負担も軽減できます。
例えば、本人や家族が急病で病院に行くという際、会社の始業時間を待たずに連絡することができます。その結果、連絡確認ができず何度も確認の電話を管理者が行うといったこともなくなります。また、公共交通機関のトラブルにより、電話ができない場所にいる際でも手続きを行うことができます。会社に出社してから申請手続きを事後承諾で行うといった手間もなくなり、申請者と承認者の業務負担を軽減でき、貴重な勤務時間を業務に充てることができます。休暇申請の手続きに不合理性を感じているのであれば、人事労務管理システムを導入して改善してみましょう。

TOP