確認の手続き時間など大幅削減!労務管理システム導入で時間短縮へ

サイトマップ

キャリアウーマン

人事労務管理業務をシステムで電子的処理する体制が望ましいケース

ガッツポーズの三人

どの仕事をどんな手順で処理するかは、会社によって様々なやり方があります。人事や労務管理業務も、会社規定の書式やマニュアルを使って実施している会社もあれば、システム導入で電子的に処理しているところもあるでしょう。前者の方法で不都合がない場合はいいのですが、場合よっては、後者のように、人事労務管理システムを導入して、紙を使わないアプローチで対応する方がいいこともあります。
例えば、支社・出張所など、営業拠点が多い場合。こうした業務体制の会社では、紙ベースで労務管理や人事業務を行っていると、スケジュール遵守が困難になる上に、書類授受のための送料負担が莫大なものになる問題があります。また、出張・外勤でオフィスにほとんど出てこない社員が多い会社の場合も、人事関連処理は電子的に出来る体制が望ましいでしょう。
出張・外勤が多い社員は、会社の事務処理を移動中や宿泊先、出先でのランチタイムなどにこなすことが多く、電子的処理が可能なシステムであれば、タイムリーに仕事を片付けることが出来て便利です。また、会社の規模が大きく、紙ベースで全ての手順を回していると消耗品費がかさんで困るという場合も、ある程度先行投資して、人事や労務管理業務に幅広く対応できるシステムを導入する価値があると言えるでしょう。

最新バージョンの人事労務管理システム導入で手順をスッキリさせよう

業務のIT化は、非常に多くの領域でものすごい勢いで進んでいきます。あるタイミングで一度導入したシステムも、一年もしないうちにより使いやすいシステムが開発され、安価で使えるようになっていたりするものです。人事や労務管理の分野で、比較的早いうちにシステムを導入した会社は、今使っているものよりも使いやすいタイプのものがないかどうか、一度しっかりリサーチしてみるといいでしょう。特に、給与明細の発行や、各種人事手続きの申請業務、勤怠管理等について、バラバラのシステムを個別に導入している場合は、これらを一元管理できる人事労務管理システムを導入すれば、より効率的に業務を処理できるようになるでしょう。
手続き内容によってバラバラのシステムを使っているというのは、五月雨式にシステム化を進めた会社でよくみられる現象です。従業員は、この手順にはこのシステムを使うとトレーニングされるため、そんなものかと思っているかもしれません。しかし、実際に使ってみれば、いくつものシステムをニーズに応じて切り替えて使うのは相当面倒ですし、無駄も多いです。より包括的な処理が可能な最新バージョンのシステム導入で、人事・労務管理業務の一層の効率化を図りましょう。

人事業務の負担を軽減できるのが人事労務管理システム

会社にとって人事や労務管理はとても重要な役割を持っており、効率よく実施しなくてはいけません。特に多くの社員が働いている会社は、スピーディに実施しないと他の業務が圧迫されてしまい、会社の業績に悪い影響を及ぼす恐れがあるので気を付けないといけないです。
そこで心強い存在になっているのが人事労務管理システムを導入になります。導入することでこれまで大きな負担が発生していた人事や、労務管理の業務をスピーディに実施することが可能です。また人事労務管理システムを導入することで、あまり人事や労務管理に詳しくない人も問題なく実施できる可能性が生まれます。多くの社員が働いている会社もしっかりと人事や労務管理の業務を実施できるので、会社に悪い影響を与えないで済みます。
現在では色んな人事労務管理システムがあるので、最適なシステムを導入しなくてはいけません。同じように見えるシステムでも操作性が違っているだけではなく、機能も異なるので最適なシステムを導入すれば、人事や労務管理の負担を減らしやすいです。また導入費用も異なっているので、支払う費用を少しでも減らしたい場合は、導入費用の部分も細かく比較することが求められます。


人事業務の負担を軽減のために労務管理をシステムで電子的処理するなら【DirectHR】がおすすめですよ!おすすめですよ!

TOP